厚生労働省第3回「キラリと光る取り組み賞」の表彰対象企業が決定いたしました

この表彰事業は、企業における「生産性向上」と「魅力的な職場づくり(離職者が少ない)」の両方の取り組みを促進するため実施しているものです。第3回と名なる今回は、全国45の企業から応募があり、審査委員会での審査の結果、「最優秀賞」(厚生労働大臣賞)に3社、「優秀賞」(職業安定局長賞)に3社、「キラリと光る取り組み賞」(職業安定局長賞)に7社の計13社が選定されました。「キラリと光る取り組み賞」の7社のうちの1社に弊社システムユーザーの協和工業様が受賞しました。受賞にあたり弊社より導入して頂いたシステムがどのように貢献したかを須藤社長様、早坂工場長様、小田原係長様そして申請に尽力された佐藤部長様、須藤常務様にお話を伺いました。

左から弊社代表戸津、須藤社長様、早坂工場長様、小田原係長様​

お客様業務概要

企業名 株式会社 協和工業
所在地 秋田県にかほ市象潟町字源蔵潟1番地16
連絡先 TEL.0184-43-2211 FAX.0184-43-4564
業種 精密板金プレス加工
生産品目 情報関連機器・金融関連機器・産業装置・工作機械
健康関連機器の板金部分及び筐体
導入システム 生産管理システムSpeesy-i、生産計画システムEasy Planner、視える化システム、出退勤システム

 

「キラリと光る取り組み賞」受賞

TSE(トップシステムエンジニアリング以下同様)

この度は受賞おめでとうございます。受賞の率直な感想をお聞かせください。

須藤社長様

正直なところ受賞と聞いて驚きました。厚生労働省の全国レベルの公募だったので、なぜうちの会社が?と感じました。もともとは新聞に「働きやすく生産性の高い企業」の公募の記事が載っていたのを見て、軽い気持ちで佐藤部長へ「応募してみたら?」といったのがきっかけでした。受賞したことで採用活動にプラスの効果が出ればと思っております。

佐藤部長様

応募にあたり申請手続きを行ったんですが、労務関係のデータ集計や申請の為の作文など、通常業務と並行しての申請手続きは大変でしたね(笑)トップシステムエンジニアリングさんのシステムを入れて残業時間が削減されたことは大変うれしかったですね。私は導入前の打ち合わせの席にはあまり参加していませんでしたが、システムを使うことによって効果が出ればいいなと思っていたくらいなので。残業時間が削減されたことは本当にうれしかったです。

須藤常務様

作文には本当に苦労しましたね。(笑)今回の受賞のポイントとしてトップシステムエンジニアリングさんより導入したシステムの効果もあると思います。システムで工程負荷や外注先への発注日等がシステムで明確になって、残業時間が減っているのがデータとして見ることができました。

 

須藤常務様
佐藤部長様

生産管理システム[Speedy-i] 生産計画システム[Easy Planner]が受賞に貢献!

TSE:須藤常務様、佐藤部長様よりシステム効果の話が、厚生労働省のホームページに記載されてある受賞ポイントを確認しましたところ「生産計画システムの導入により労働時間の削減・効率化に成功生産性が向上」とあります。弊社より導入いただいてるシステムはどのように貢献しましたか。
早坂工場長様

残業時間が減ったということにあります。なぜかというと[Speedy-i][Easy Planner][視える化システム]を使うことで、各グループ、工程ごとの今やるべき作業が明確になりました。そして、いつ誰が何をやるのか、仕事量がどのくらいあるのかを各作業者が把握することができ優先度をつけ作業することができます。無理に今日作業しなくても明日以降でも間に合うもの、今日中にやるものなど、具体的な判断ができるようになり残業時間の削減に貢献していると思います。今まではきたものを片っ端から現場へ流して、やれるものは残業してでもやっておこうというやり方だったのですが、システム(Easy Planner、視える化システム)を使うことで作業するものが明確になりましたおかげで残業時間と労務費を削減できています。

須藤社長様
早坂工場長様
小田原係長様

作業開始/終了登録のアナウンスを徹底

TSE:システムが軌道にのるまで苦労されたことはありましたか
早坂工場長様

生産管理システムSpeedy-iに登録された製品1つ1つの情報をもとに指示していくので、そのデータづくりの土台となる、作業者によるシステムへの作業開始/終了登録を浸透させるのには、時間がかかりました。どうしても現場は作業優先にするため、登録が洩れてしまうことが多々ありました。今は地道に登録の徹底をアナウンスし続けたことで9割は確実に登録できるようになりました。

精度の高い工数を集計し原価を追求

TSE:システムにおける今後の展望はありますか
須藤社長様

生産計画システム[Easy Planner][視える化システム]である程度の作業の優先度がわかるようになって慰安すが、その精度をもっと高めたいと思っています。現場は忙しい忙しいというので会社全体が忙しいと思っていましたが、実際にシステムを使って分かったのですが、忙しい工程とそうでない工程のばらつきがあるのかなと思います。そのばらつきを例えばAI機能を使って、各工程の空きをまんべんなく埋めて計画できればいいなと思っています。それには、開始/終了登録から精度の高い工数を集計していかなければと思っています。さらに正確な原価を掴んでいき、得意先ごと、製品ごとの利益の追求をできるようにしていきたいと思っています。

うちの会社が発展する良い提案を期待します。

TSE:今後のトップシステムエンジニアリングに期待することはありますか
小田原係長様

[Speedy-i][Easy Planner][視える化システム][出退勤システム]を運用していますが、今後もトータルで運用しながらシステム全体を使ってもっと効果を出していけたらと思っています。そしてトップシステムエンジニアリングさんからは、更なる効果が得られるような今以上の提案を期待します。

早坂工場長様

この度新工場の増設と管理事務所の改装を行いまして、事務所と現場が別れている状況なので、距離感を感じさせない、リアルタイムに情報が伝わるようにしたいと思っています。管理事務所と現場の意思疎通を補えるような提案を期待します。

須藤社長様

今回[出退勤システム]を導入しましたが、当初提案頂いたときには正直、導入するかしないか迷いが迷いがありましたが、具体的な提案をいただいたことで導入を決めました。結果として[Speedy-i]との連携で労務時間と作業工数の正確な集計ができるようなり、プラスな効果を得ることができました。これも納得のいく良い提案を頂いたからこそと思います。トップシステムエンジニアリングさんとは、長い付き合いでうちの業務内容も理解してもらって、もう知らないことがないような仲になっていると思います。(笑)どうすればうちの会社が発展するのか理解されていると思いますので、これからもいい提案を期待します。

2019年より増設された新社屋

新しくなった社屋の社員食堂とその窓から見える鳥海山の絶景

 

部署、工程ごとに設置した視える化システム。優先する作業が明確になり、残業

トップシステムエンジニアリングの製品を活用していただくことで、協和工業様の業務運用へ少しでも貢献できるよう今後も支援させていただきます。ご協力ありがとうございました。