「商品Aはどの工程まで進んだだろうか?」

「商品Bの在庫はいまどれくらいだろう?」

「商品Cの原価はどのくらいだろう?」

製造業において、商品の生産進捗状況や在庫状況、原価集計は、生産の効率化や業務の把握とともに、顧客からのお問い合わせに即座に対応するためにも必要な情報です。しかし、生産工程は多岐の部署に渡っているため、社内で情報を共有の努力をしても、周知が難しい現状があります。

トップシステムエンジニアリングでは、製造業に不可欠な商品の情報をシンプルに把握できる生産管理システムを提供しています。本記事では、生産管理システムの必要性を整理しつつ、生産管理システムを導入する効果と、システム(パッケージ)導入前の注意点について紹介します。

製造業での生産管理システムの必要性

製造業で商品を生産する場合には、多品種量産、少量多品種、少品種大量生産などの業務が関わってきます。

  • 商品の受注状況
  • 部品や原材料の調達と在庫
  • 原価計算(材料費、外注費、処理費、加工費、管理費等)
  • 品質のチェック
  • 完成品の在庫管理(仕掛と完成品の在庫)
  • 受注から加工、出荷までのリードタイム
  • それぞれの生産工程の負荷状況(機械設備)

企業により業務内容は異なりますが、様々な工程が複雑に絡み合っていることに違いはありません。

顧客のニーズに応えながら自社の利益を追求するために、個々の部署で最善の努力がなされていることでしょう。しかし、どれだけ積極的なディスカッションを行い、社内で情報を共有しているとしても、人的な管理では限界があることは否めません。

「多岐に渡る業務の情報を一元的に管理できたら…。」

このような悩みへ、IT技術を用いたソリューションを提案してくれるのが生産管理システムです。生産管理システムがあれば、多種多様な商品の情報を簡単に把握できるだけでなく、その情報を元に適切な原価管理を行うことが可能です。

トップシステムエンジニアリングの生産管理システムの詳細はこちらからご覧になれます。

受注から材料手配、製造、外注加工、検査、納品、出荷、在庫管理まで!製造業での生産管理システムの導入効果

多くの段ボール箱を乗せた台車

生産管理システムの導入によって、次のような効果が期待できます。

部品や原材料の手配状況の管理

生産管理システムでは、部品や原材料の手配漏れや納期の遅延、数量の誤発注によるトラブルを防いでくれます。生産ラインのトラブルを避けてくれるだけでなく、顧客からの変更にも柔軟に対応することが可能となります。

不良率の管理

製造業において、不良率の管理は利益率の上昇のために必要なプロセスです。生産管理システムを導入すれば、多様なラインのどこで不良が発生しているかを把握することができるため、効率的に対策をとることができます。

進捗状況の管理

生産管理システムを導入すると、各工場・ラインでの進捗状況・生産量を可視化することで容易に把握することが可能になります。いま・どこで・どのくらい生産されているかを簡単に把握できることで、顧客からの納期のお問い合わせにも即座に対応できるようになるのです。

在庫管理

部品の完成品と仕掛品や原材料、素材あるいは製造した商品の種類が多様になるほど、適切な在庫管理は難しくなってしまいます。

生産管理システムを導入すると、調達した部品の完成品と仕掛品や原材料、そして製造した商品、それぞれにおいて現時点での生の情報を即座に把握できるため、需要に合わせて数量を調整しやすくなります。

システム(パッケージ)導入前の注意点

注意点を解説する男性

すでにお伝えしたように、生産管理の対象となる分野は多岐に渡っています。そのため一口に生産管理システムといっても、様々なシステムがパッケージされているのが現状です。

生産管理システムを導入するにあたっては、自社の生産形態にあっているか、自社ではどのような情報を欲しているのかを精査し、自社のニーズにあった生産管理システム・パッケージソフトを選択する必要があります。

トップシステムエンジニアリングでは、それぞれのお客様ごとに丁寧なヒアリングを行い、きめ細やかなご提案をいたします。「在庫管理といっても、本当は仕掛在庫、材料在庫、製品在庫、半製品在庫ごとに把握したかった…」、「生産管理でも、工程進捗(工程管理)が見たかった…」

このようなシステム導入後の齟齬ができるだけ生じないよう、お客様のニーズに沿ったシステム提供を心がけています。そのために弊社では次の図のような体制を整えております(。

(画像をクリックして拡大)

生産管理システムを導入して業務を「カイゼン」!

製造業では、多岐に渡る業務内容を即座に把握し、適切な生産工程の構築と、顧客への柔軟な対応へ備えることが重要です。生産管理システムは、このような複雑化した業務をシンプルに把握するITソリューションです。

本記事では製造業で生産管理システムを導入する必要性とともに、その効果と導入前の注意点をご紹介しました。

トップシステムエンジニアリングでは、システムを導入された企業様にご満足いただけるよう、ヒアリングを含めたきめ細やかなサポートを提供しています。生産管理システムにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

製造業の生産管理システム導入ならトップシステムエンジニアリングへ

会社名 株式会社トップシステムエンジニアリング
代表者 戸津 貴行
資本金 3,000万円
本社
  • 住所:〒999-4552 山形県尾花沢市大字荻袋1490−124
  • TEL:0237-25-3380 FAX:0237-25-3381
関西事業所
  • 住所:〒564-0051 大阪府吹田市豊津町1−18 エクラート江坂ビル3F
  • TEL:06-7878-6750 FAX:06-7878-6986
URL https://www.topse.co.jp/
事業内容 製造現場カイゼンコンサルティング、システム開発、システム運用サポート、コンピュータ機器設置サポートおよび販売
開発ソリューション
  • 生産管理システム(Speedy-i) / 生産管理工場用システム
  • 生産管理EDIシステム / 生産管理図面管理システム
  • 生産管理生産計画システム(Easy Planner)
  • 在庫管理システム(iTACT) / 消費期限管理システム
  • 図面管理システム(i-CABINET)
  • 販売管理システム / レジPOSシステム
  • 旅館宿泊管理システム
導入実績業種
  • 金属切削加工(多品種少量生産・量産繰り返し)/ 精密プレス製造
  • 自動車部品・機械部品製造(ASSY組立・単部品加工)
  • 医療部品製造(薬品)/ 電気機械部品製造
  • 半導体部品製造 / プラスチック部品成型
  • 食品加工業 / 重工業部品製造 / 木工業
  • 量産プレス製造 / リサイクルショップ
  • 物流・倉庫業 / 小売業 / 砕石業
  • 製靴業 / 繊維業 / 化学工業 / 食品加工業 / 印刷業 製造業企業250社以上
導入実績都道府県 山形・岩手・秋田・宮城・福島・栃木・群馬・茨城・埼玉・東京・静岡・岐阜・愛知・大阪・兵庫・香川・島根