<経営理念>

当社では、真面目な中小企業、中小製造業の皆さまに、生産管理システムを主とする製品を、一つ一つの課題解決を提案して、設計し、開発(製造)、運用を行い、次の仕事につながり適正な利益を確保し、その利益をまず、社員に還元し、その次に社会への貢献を果たしながら、継続的な「カイゼン」活動を行い成長し続けます。

<品質方針>

事業領域である「ソフトウェア開発、 コンピュータ機器販売、コンピュータ関連工事」を通して『製造現場で困っている品質課題、技術の共有化、納期に対する進捗管理、資材発注業務・職場間の連絡・連携』等の課題を解消し、業務運用をスムーズにします。

<情報セキュリティ方針>

事業展開する上で必要な情報資産や、お客様の様々な情報、関係する個人情報の重要性を認識し、情報セキュリティ対策を行うことは当社の社会的責務であり、お客様との継続した信頼関係を構築する基本であると認識しています。

情報セキュリティ目的として、情報資産の適切な管理と運用、ICT環境の安全性の確保、個人情報保護法をはじめとするコンプライアンスに取り組みます。

<行動指針>

1.全社一丸となって、お客様の一つ一つの各課題に取り組み、お客様の課題解決につながる機能を提供する。

2.お客様クレームも、担当個人の問題、部署の問題、部署間、全体の問題、取引先までの影響のある問題など、クレームの内容を見えるようにし、問題要因を特定し、再発防止を行う。(より具体的に問題を理解する。)

3.働き方改革により、時間を意識する。

4.情報セキュリティに関わる法令、規制、規範、契約上の義務を遵守する。

5.実施状況の監査及び自己点検を通して業務プロセスが動いているか確認する。

 

                                 2020年10月1日

株式会社トップシステムエンジニアリング

                                 代表取締役社長 戸津 貴行