製造業で原価管理システム開発の依頼を検討中でしたら、費用も大事ですが、システムの選び方にも注意が必要です。複雑な原価管理をより簡単に正確に行うために、データの一元管理ができるか、既存のシステムと連携できるか、業務内容に合っているかなどを必ず確認しましょう。

同業種で運用実績のあるシステムは、ぜひチェックしてください。今回は、原価管理の必要性と原価管理システムの選び方のポイントなどご紹介します。

原価管理とその必要性

パソコンを操作している人達

原価管理は、企業の利益を向上させるために必要です。

日本では、バブル崩壊後、利益確保のためのコスト削減が重要視されるようになり、原価管理に取り組む企業が増えてきました。

原価管理によって商品やサービスの原価を把握して、的確な価格設定ができれば、利益率の確保にもつながります。

原価の低減は売上増加よりも高い利益を生むため、多くの企業が原価管理に注力しているといえるでしょう。

また、原価管理はリスクマネジメントの観点でも重要です。製造業の場合、原材料の仕入れ価格高騰などが起これば、原価が大きく変動します。原価管理は、原価変動のリスク予想を行うためにも有効な手段といえるでしょう。

しかし、原価管理は計算式が複雑なので管理が困難です。より効率的で正確な原価管理を行うため、原価管理システム開発の導入を検討しましょう。

トップシステムエンジニアリングでは、「無駄な在庫が多い」「利益獲得のためには何をすればいい?」といった企業様の困りごとと真摯に向き合い、それぞれの業務に合ったシステムの運用をご提案しています。

製造業の業務改善につながる原価管理システム開発のご相談は、ぜひトップシステムエンジニアリングまでお声がけください。

費用だけじゃない?効率的な運用ができる原価管理システムの選び方

アイコンをタッチする男性

原価管理システムを導入する際は、費用面や機能面を吟味して、効率的な運用ができるものを選びましょう。

ここでは、原価管理システムの正しい選び方を3つのポイントにわけて説明します。

1. データの一元管理ができる

会社全体のデータを一元管理できる機能が備わっているか、必ず確認しましょう。製造業は原価計算が複雑ですし、原価管理に必要なデータは毎日変動します。より早く正確なデータ収集を行い、会社全体でデータの共有をするためにも、一元管理できるシステムを選びましょう。

2. 既存システムとの連携ができる

原価計算に必要なデータを共有するため、既存システムと連携ができることは非常に重要です。販売管理、購買管理などの基幹システムと連携できれば、業務効率の大幅アップにつながります。

3. 業務内容に合っている

原価計算は業務内容によっても異なります。それぞれのシステムが得意な分野を見極め、業務内容に合った最適な運用を行えるものを選んでください。同業種・業界で実績のあるシステムをチェックしてもよいでしょう。

トップシステムエンジニアリングでは、製造業の様々な困りごとを解決するため、システムの選び方やプラスアルファの改善策をご提案しています。

実際に生産システムを体験していただく「リモートデモ」を行っているので、システム導入をご検討の際はぜひご利用ください。

製造業の原価管理システム開発実績がある会社をお探しなら!

原価管理は、製造業の利益向上とリスクマネジメントの観点において、非常に重要です。製造業では、原価管理システム開発を導入することによって、より正確で効率的な原価管理を行うことができます。

データの一元管理ができるかなどを確認したうえで、自社に合った原価管理システムを選んでください。同業種で実績のある原価管理システムは、ぜひチェックしましょう。

トップシステムエンジニアリングでは、お客様への丁寧なヒアリングを通して、業務内容に適合したシステムのご提案を行っています。お客様の求める機能だけを選定して、費用を抑えるご提案も可能です。

原価管理システム開発のご依頼を検討中なら、ぜひトップシステムエンジニアリングにお声がけください。

製造業の原価管理システム開発に関しましてはトップシステムエンジニアリングへ

会社名 株式会社トップシステムエンジニアリング
代表者 戸津 貴行
資本金 3,000万円
本社
  • 住所:〒999-4552 山形県尾花沢市大字荻袋1490−124
  • TEL:0237-25-3380 FAX:0237-25-3381
山形事務所
  • 住所:〒990-0044 山形県山形市木の実町8−3 プライムスクエア山形ビル4F
  • TEL:06-7878-6750 FAX:023-615-1271
関西事業所
  • 住所:〒564-0051 大阪府吹田市豊津町1−18 エクラート江坂ビル3F
  • TEL:06-7878-6750 FAX:06-7878-6986
URL https://www.topse.co.jp/
事業内容 製造現場カイゼンコンサルティング、システム開発、システム運用サポート、コンピュータ機器設置サポートおよび販売
開発ソリューション
  • 生産管理システム(Speedy-i) / 生産管理工場用システム
  • 生産管理EDIシステム / 生産管理図面管理システム
  • 生産管理生産計画システム(Easy Planner)
  • 在庫管理システム(iTACT) / 消費期限管理システム
  • 図面管理システム(i-CABINET)
  • 販売管理システム / レジPOSシステム
  • 旅館宿泊管理システム
  • 出退勤システム
  • 視える化システム(Speedy-【i】-Visualize)
導入実績業種
  • 金属切削加工(多品種少量生産・量産繰り返し)/ 精密プレス製造
  • 自動車部品・機械部品製造(ASSY組立・単部品加工)
  • 医療部品製造(薬品)/ 電気機械部品製造
  • 半導体部品製造 / プラスチック部品成型
  • 食品加工業 / 重工業部品製造 / 木工業
  • 量産プレス製造 / リサイクルショップ
  • 物流・倉庫業 / 小売業 / 砕石業
  • 製靴業 / 繊維業 / 化学工業 / 食品加工業 / 印刷業 製造業企業250社以上
導入実績都道府県 山形・岩手・秋田・宮城・福島・栃木・群馬・茨城・埼玉・東京・静岡・岐阜・愛知・大阪・兵庫・香川・島根