製造業の生産管理を行う上で重要な要素は、「品質(Quality)」「コスト(Cost)」「納期(Delivery)」の3つです。頭文字を取り、QCDと呼ばれています。製造業で進行状況管理システム開発・導入を考えている場合は、CDに問題を抱えていることが多いでしょう。

「在庫の削減」「納期短縮」など自社の課題を挙げ、解決する項目の優先順位を決めておきましょう。この記事では、進行状況管理システム開発の目的やメリットをご紹介いたします。進行状況を管理する目的は、納期管理と生産リードタイムの短縮です。進行状況管理システム開発のメリットは、問題の早期発見などがあります。納期を守るためにも、生産性の向上のためにも進行状況管理システム開発は有効です。

製造業で進行状況を管理する目的

ノートパソコンのキーボードを打つ手

進行状況を管理する目的は主に2つあります。

1. 納期管理

製造業で進行状況管理システム開発を依頼し、導入する目的は、納期の管理を容易にするためです。生産現場では、量産品や特注のオーダー品など形態の異なる製品を作ります。

これらの製品は同時進行で作られるため、管理がされていないと納期に遅れる可能性があります。進行状況管理システムを導入することで、製品の納期管理が可能になります。

2. 生産リードタイムの短縮

納期よりはるか前に製品ができることは在庫を抱えることと同じで、製造原価が高くなります。これを避けるため、生産リードタイム(発注から納品までの時間)を短縮する必要があります。リードタイムが短縮できれば、無駄な費用や時間を削減でき、製造原価を抑えられます。この処理も進行状況管理システムで可能になります。

トップシステムエンジニアリングでは、中小企業をITで支える事業を行っています。製造業の業務改善の一環として、システム開発や導入のプロジェクトをお考えの際はぜひトップシステムエンジニアリングにお声がけください。見積りのご依頼も承ります。

トップシステムエンジニアリングのおすすめソリューションはこちら

製造業で進行状況を管理するメリット

alt=メリットと書かれた文字

製造業で進行状況を管理するメリットは3つあります。

1. スケジュール管理が適切に

形態の異なる製品を同時進行で作る製造業では、部分的に見るのではなく全体を見た管理が必要です。

そこで進行状況管理システム開発を使えば、スケジュールの管理が適切にできるため、遅延解消にも繋がり、納期を守ることもできます。

作業自体を円滑にするためにも、スケジュール管理ができることは大切です。

2. 問題を早く発見できる

特注の製品の場合、不良品や作業者の欠勤、機械の故障など、様々な問題が起こる可能性があります。

進行状況を適切に管理できれば、問題の箇所を素早く発見できますし、予兆も感じることができます。

潜在的なリスクの発見をするためにも、進行状況管理システム開発を導入し、軽減に努めましょう。

3. 優先順位をつけられる

進行状況管理システム開発を使えば、より急ぐ製品を先に作るなど、工程に優先順位がつけられるようになります。

優先順位がわかれば、次にどの工程が必要かすぐにわかり、結果納期にも間に合わせることができます。

現場での作業効率も改善され、品質の高い製品の作成も可能となります。

このように、進行状況管理システムを導入するメリットは様々です。製造業で進行状況管理システム開発依頼を検討中であれば、まず見積りで費用やサービス内容を確認しておきましょう。

トップシステムエンジニアリングでは、お客様の事業内容に沿った進行状況管理システム開発を行っています。まずはお気軽にご相談ください。

進行状況管理システム開発依頼なら!導入前に見積りをご依頼ください

進行状況管理システムを導入する目的をはっきりさせないと、何のためにシステムを使うかがわからなくなります。

進行状況の管理は、特に製造業では必須の作業です。同時に進行状況管理システム開発のメリットも確認し、導入する目的を再確認しましょう。

納期に間に合わないなどのリスクを減らすためにも、進行状況管理システム開発の導入がおすすめです。

トップシステムエンジニアリングでは中小企業をITで支える事業を行っています。製造業の業務改善ノウハウを手に入れたい場合は、ぜひトップシステムエンジニアリングにお声かけください。

進行状況管理システム開発の見積りは、お気軽にお問い合わせいただけます。

製造業の進行状況管理システム開発依頼ならトップシステムエンジニアリングへ

会社名 株式会社トップシステムエンジニアリング
代表者 戸津 貴行
資本金 3,000万円
本社
  • 住所:〒999-4552 山形県尾花沢市大字荻袋1490−124
  • TEL:0237-25-3380 FAX:0237-25-3381
山形事務所
  • 住所:〒990-0044 山形県山形市木の実町8−3 プライムスクエア山形ビル4F
  • TEL:06-7878-6750 FAX:023-615-1271
関西事業所
  • 住所:〒564-0051 大阪府吹田市豊津町1−18 エクラート江坂ビル3F
  • TEL:06-7878-6750 FAX:06-7878-6986
URL https://www.topse.co.jp/
事業内容 製造現場カイゼンコンサルティング、システム開発、システム運用サポート、コンピュータ機器設置サポートおよび販売
開発ソリューション
  • 生産管理システム(Speedy-i) / 生産管理工場用システム
  • 生産管理EDIシステム / 生産管理図面管理システム
  • 生産管理生産計画システム(Easy Planner)
  • 在庫管理システム(iTACT) / 消費期限管理システム
  • 図面管理システム(i-CABINET)
  • 販売管理システム / レジPOSシステム
  • 旅館宿泊管理システム
  • 出退勤システム
  • 視える化システム(Speedy-【i】-Visualize)
導入実績業種
  • 金属切削加工(多品種少量生産・量産繰り返し)/ 精密プレス製造
  • 自動車部品・機械部品製造(ASSY組立・単部品加工)
  • 医療部品製造(薬品)/ 電気機械部品製造
  • 半導体部品製造 / プラスチック部品成型
  • 食品加工業 / 重工業部品製造 / 木工業
  • 量産プレス製造 / リサイクルショップ
  • 物流・倉庫業 / 小売業 / 砕石業
  • 製靴業 / 繊維業 / 化学工業 / 食品加工業 / 印刷業 製造業企業250社以上
導入実績都道府県 山形・岩手・秋田・宮城・福島・栃木・群馬・茨城・埼玉・東京・静岡・岐阜・愛知・大阪・兵庫・香川・島根