工場で納期を確保しながら効率的な生産を行うために有効なのが負荷計画です。負荷とは仕事量のことを指し、生産計画には必ず負荷計画が必要になります。ただし、負荷計画を立てることに人員を割くとなれば人件費などの費用もかかります。そこでおすすめしたいのが負荷計算シミュレーションです。

生産計画と負荷計算は、密接な関係にありますので、関係性を知っておきましょう。今回は、負荷計算の内容と負荷計算シミュレーションについてご紹介します。

製造業における負荷計算とは?

棒グラフの資料を指さす手

負荷計算とは、製品ごとの工数計画が決まった段階で、必要な仕事量(負荷)を算出することです。負荷計算で得られたデータと、人員や機械の生産能力を比較し、計画期間に応じて各部門に割り当てるのが生産計画です。

負荷計算をすることで、最終的な生産能力に合わせた生産計画を作成できます。この負荷計算を簡単にするのが負荷計算シミュレーションであり、多くの工場で取り入れられています。

顧客からの受注数や納期に変動があると管理も大変ですが、工場の生産能力を高めるためには、生産計画の段階で負荷計算を行い、生産能力を調整しなければなりません。

負荷計算には2種類ある

負荷計算には「月次」と「負荷計算に従う生産計画」の2種類があります。

  • 月次の負荷計算:生産数量から負荷と現在の生産能力を比較すること
  • 負荷計算に従う生産計画:月次で得たデータを元に、生産能力の準備をすること

月次の負荷計算において生産能力に過不足が出た場合は、事前に対策を取る必要があります。最終的には、人員、機械や設備の生産能力から平準化された生産計画を立てることが目的です。

負荷計算を行う目的

負荷計算を行う目的には、以下のようなものがあります。

  • 日程別の負荷の調整を行いながら生産の平準化を図る
  • 飛び込み受注や機械の故障などのトラブルに対応するため、余力管理を行う
  • 工場の負荷と生産能力を調整し納期に間に合うようにする
  • 負荷計算を元に人員の配置、多能工科を図り、効率的な生産活動を目指す

製造業における負荷計算シミュレーションは、負荷と生産計画を元に計算され、在庫の確認などの手段にも使われます。

負荷計算シミュレーションは負荷計算を簡単にする

負荷計算シミュレーションは、負荷計算を簡単にすることで、製品の製造をサポートしています。負荷の計算は難解なこともあり、計算に人員を割くよりは、ヒューマンエラーを防ぐためにも、負荷計算シミュレーションが必要な場合もあるでしょう。

システム開発やサポートを行っているトップシステムエンジニアリングでは、中小企業をITで支える事業を行っています。負荷計算シミュレーションが可能な生産管理システムも提供していますので、お困りの際はぜひトップシステムエンジニアリングにご相談ください。

システム開発を行うトップシステムエンジニアリングの強みと心がけていること

手のひらに電球のイラスト

生産管理や在庫管理のシステム開発を行うトップシステムエンジニアリングは、下記のような強みや特徴、と心がけていることがあります。

強みや特徴

今まで実際に稼働した実績より、お客様の良い点・改善すべき点を他社の事例も入れながらご提案しています。また、カスタマイズも行えるので、よりお客様の業務にあったシステムを構築できます。

心がけていること

システムの導入を決定した方と、実際に運用される方の双方の「ギャップ」を理解しながら、お客様の経営方針に従って進めます。ご納得、ご理解いただく方法を常に考えています。

負荷計算シミュレーションを行って工場の生産計画を作成!

負荷計算を人の手で行うと人件費がかかりますし、ヒューマンエラーが起こる可能性もあります。改善のためには負荷計算シミュレーションを取り入れてみましょう。

トップシステムエンジニアリングでは、製造業向けのコンサルティングやシステム開発を行っております。製造業の工場における業務改善ノウハウを手に入れたい場合は、ぜひトップシステムエンジニアリングにお声かけください。

生産計画の負荷計算シミュレーションでお悩みの方はトップシステムエンジニアリングへ

会社名 株式会社トップシステムエンジニアリング
代表者 戸津 貴行
資本金 3,000万円
本社
  • 住所:〒999-4552 山形県尾花沢市大字荻袋1490−124
  • TEL:0237-25-3380 FAX:0237-25-3381
山形事務所
  • 住所:〒990-0044 山形県山形市木の実町8−3 プライムスクエア山形ビル4F
  • TEL:06-7878-6750 FAX:023-615-1271
関西事業所
  • 住所:〒564-0051 大阪府吹田市豊津町1−18 エクラート江坂ビル3F
  • TEL:06-7878-6750 FAX:06-7878-6986
URL https://www.topse.co.jp/
事業内容 製造現場カイゼンコンサルティング、システム開発、システム運用サポート、コンピュータ機器設置サポートおよび販売
開発ソリューション
  • 生産管理システム(Speedy-i) / 生産管理工場用システム
  • 生産管理EDIシステム / 生産管理図面管理システム
  • 生産管理生産計画システム(Easy Planner)
  • 在庫管理システム(iTACT) / 消費期限管理システム
  • 図面管理システム(i-CABINET)
  • 販売管理システム / レジPOSシステム
  • 旅館宿泊管理システム
  • 出退勤システム
  • 視える化システム(Speedy-【i】-Visualize)
導入実績業種
  • 金属切削加工(多品種少量生産・量産繰り返し)/ 精密プレス製造
  • 自動車部品・機械部品製造(ASSY組立・単部品加工)
  • 医療部品製造(薬品)/ 電気機械部品製造
  • 半導体部品製造 / プラスチック部品成型
  • 食品加工業 / 重工業部品製造 / 木工業
  • 量産プレス製造 / リサイクルショップ
  • 物流・倉庫業 / 小売業 / 砕石業
  • 製靴業 / 繊維業 / 化学工業 / 食品加工業 / 印刷業 製造業企業250社以上
導入実績都道府県 山形・岩手・秋田・宮城・福島・栃木・群馬・茨城・埼玉・東京・静岡・岐阜・愛知・大阪・兵庫・香川・島根